大麦若葉 よっぽどその青汁美味しいの?野菜不足を解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家族と自分の健康の為に購入した大麦若葉を飲む!

青汁を飲む切っ掛けは家族が健康の為に購入した「大麦若葉」という商品の買置きを見つけた事でした。既に味見をしたらしく箱の中の大袋が2袋入っている内の片方の封が破れている状態でした。マジックテープでの封でしたから最初の一杯は「どんな味なのか」という素朴な好奇心からでした。

スプーンですくってマグカップにいれお湯で溶かしていただきましたが感想としてはまずくも無くお茶替わりで一日一回飲んでも充分続けていけそうな感じでした。イメージ的には昔みた悪役俳優が「不味い」といいながら飲んでいたので相当飲むのに苦労すると思っていたので拍子抜けするほどです。

但し、この粉末を使って何か料理にアレンジを加えようとか抹茶の代わりにお菓子に混ぜようとは考えませんでした。何となく青臭い感じの香りだったせいかもしれません。箱には毎日飽きずに健康を意識して摂取する為にヨーグルトに入れる事が載っていましたが逆にヨーグルトが粉っぽくなってしまう気がして、それをするならプラス何かを一緒に入れた方が良いような感じがします。

フルーツと一緒にとも考えましたがどうもシックリくる物が見つからなかった為毎朝食後にお湯に溶かした青汁をマグカップ一杯飲む事にしました。青汁は野菜不足を解消してくれるという話は良く聞きますがそのせいか、飲んだ後胃袋がサッパリするような感じになります。

自分の場合は青汁を飲んだ後もお湯を再度もう一杯飲んでいました。口の中に残った青汁の粉っぽさが次の一杯で洗い流された様な感触になりその爽快感が気に入っていました。青汁習慣も体に良い事をしているという実感が湧き、瞬く間に封を切った最初の一袋は無くなりました。

習慣とは凄いもので青汁を飲んでいる自分を他の家族がじっと観察していたようで、とても美味しい飲み物だと思ったのか「よっぽどその青汁美味しいの?」と声を掛けてきた事がありました。カラダが喜ぶと顔に出るようで満足そうに飲んでいたようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*