青汁三昧とヤクルトの青汁を飲み比べ体験談

青汁の種類を色々混ぜて飲む方法を試してみた!

5年ほど前からダイレクトテレショップの「青汁三昧」を定期購買してます。

きっかけは旦那様の義父が健康志向で、青汁三昧を購入してからになります。義父が購入するときに「青汁飲むか?」がきっかけでした。

テレビでおなじみの「うー、まずい。もういっぱい。」というネーミング通り、とても飲みにくいです。

最初は色々な飲み方を考えました。牛乳でわったり、はちみついれたり、薬のように粉のまま飲んだり、ヨーグルトにまぜたり・・・と30包を頑張ってのんだ感じでした。

一箱空けた後に購入するつもりではなかったのですが、どんな野菜が入っているのか、改めて確認したところ、ゴーヤ、大麦若葉、ケールと普段食べないものばかり。改めて「貴重だな」と思いました。

それから青汁を考えなおして、ヤクルトの「はちみつ青汁」「酵素青汁」など飲みやすい青汁を試してみたり、家族で飲めるようなものを探しました。

けれども値段が高かったり、はちみつが入っていたら糖分という余分なものも摂取してしまうということがわかったり。
結局、最初に義父から勧められた「青汁三昧」に落ち着きました。

義父も購入しているので定期購買でとても安くなるのです。

そしてポイントがたまると、ポイントと交換で好きな商品がもらえるというおいしい得点もあります。

四苦八苦して考えた私の家の飲み方ですが、家は毎朝フレッシュジュースを作って飲んでます。基本ベースは、バナナ・りんご・人参・レモン・豆乳なんですが、そこに青汁を2包加えることにしました。

それは私、旦那様、子ども7歳と5歳が飲みます。毎日4人で2包「青汁三昧」を摂取していることになります。

色は少し緑がかって、見た目はそんなに美味しそうではないですが、他のフルーツの甘みが勝って青汁独特の苦味、臭みはなくなります。そしてジューサーでまぜるので、粉っぽさが全くありません。

このフレッシュジュースを毎朝飲んでから子供たちは特に、快便で風邪が引きにくくなったように思います。旦那様もフレッシュジュースを飲むと、快便だと言ってました。トイレで頑張らずにでてくれるようです。

ヤクルト 青汁 大麦若葉青汁 国産(大分県産大麦若葉使用)



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*