山本漢方の大麦若葉これは美味しい!野菜不足も解消

山本漢方の大麦若葉「これは美味しい!」

青汁を飲み始めて数年が経ちます。現在、愛飲している山本漢方の大麦若葉に出会ったのは、2年前のことでした。たまたま身内から送られて来たのがこの商品でした。それまでは別のメーカーの青汁でした。

飲んだ最初の一口で、「これは美味しい!」と思いました。

よく青汁は「まずい!」と一喝されますが、最初こそそのように感じましたが、ある程度飲み続けると、これほど美味しい飲み物はないと感じるようになりました。

まず、味覚において、とても美味しいと感じます。

味覚ですので、あくまで個人的な感覚になりますが、大麦若葉にブレンドされている乳酸菌とオリゴ糖が隠し味になっているのではないかと思います。

噛むようにして飲み干すと、ほのかな甘さが口の中に残り、起き抜けの飢餓感を心地よく紛らわしてくれます。

ブレンドされているオリゴ糖は頭の回転もよくしてくれます。

毎朝の習慣ですので、大麦若葉はまさに、その日一日のスタートを切るのに相応しい飲み物になっています。

また、味覚とは別に、大麦若葉は身体が自ずから求める、野菜成分摂取の役割も果たしてくれます。

国が推奨する大人一日の野菜摂取量は350グラムですが、努力はしてもそれだけの野菜は摂り切れない日も少なくありませんでした。

そして、この慢性的野菜不足も、大麦若葉を毎朝飲むことで、かなり緩和することが出来るのです。

もっとも、すべてを青汁で摂ることは出来ませんし、大麦若葉のパッケージにも、あくまで青汁は野菜の補填に摂取するよう書かれています。

ですから主体はあくまで野菜ですが、足りない分の補填に青汁を用いることは可能です。

サプリでそれをすることには抵抗があるため、かつては野菜が足りないことを自覚しつつも、対策は打てずに過ごしていたのですが、青汁との出会いは野菜不足の身体にピリオドを打ってくれました。

おかげで毎朝の目覚めがよくなりました。

便通もすっきりです。

飽きの来ない青汁だから続けられるのだと思います。

これからも飲み続けるつもりです。